フレンチブルのさくらとわかば セレッソ大阪を愛する家族


by kame-chu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

8連勝ならず

鹿島アントラーズをホームに迎えての大一番。
セレッソが勝てば勝ち点で2位に並ぶ。
得失点差にひらきがあり、8-0で勝てば2位。
鹿島が勝てば吹田をかわして1位。
共に負けられない試合。

一進一退の攻防。
後半はアントラーズに退場者が出て行け行けに。
なったと思ったらアキが2枚目のカードで退場。
あとはノーガードの殴り合いのような内容。
ロスタイム最後のビッグプレーでファビーニョのシュートはわずか枠の外。

結局0-0の引き分け
でも27,000人の観客が納得のゲーム内容。

吹田が予定通り負けたので勝ち点54
鹿島が53
浦和・セレッソが50
千葉が49

吹田・浦和・千葉はそれぞれ直接対決が残っており勝ち星のつぶし合いになると思われる。
と、セレッソに充分可能性がある。
[PR]
by kame-chu | 2005-11-02 09:30 | スポーツ(セレッソ大阪)