フレンチブルのさくらとわかば セレッソ大阪を愛する家族


by kame-chu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ロスタイムに昨シーズンチャンピオンの意地だかなんだか知らないけれど、松田がトチ狂って同点ゴール
1-1の引き分け
全体的に押し込まれる事が多かったがいつものペースの試合運び
モリシのゴールで先制したのでこのまま勝ち点3かと思ったけれど、、、

ジェフが予想通り吹田を叩いてくれたのでこれでセレッソが首位

次節勝てば優勝
勝ち点差1で吹田
勝ち点差2で浦和、鹿島、ジェフ

最終戦はJ2降格が決まった試合で「さよならセレッソ」コールをサポーターがしたFC東京が相手
あのチーム、選手もフロントもサポーターも自分たちのチームは強いと思ってるからたちが悪い
[PR]
by kame-chu | 2005-11-28 17:38 | スポーツ(セレッソ大阪)
好調トリニータを長居スタジアムで迎え撃つ。
迎え撃つ、というか打たれっぱなし。
大分の新監督が「天皇杯を取りにいく」。
と云うだけありチームがすごく機能してほんとに「強い」
d0014806_12532378.jpg
何とかしのいで、カルロスアキ、とまわり最後にファビーニョがゴール。
前半は何とかリードで折り返すが後半ついにしのぎきれず大分の交代選手に決められ同点。

1-1

このまま試合が終わり勝ち点1。
サブの決定力に差が出た?
元代表FW、決めてくれよ!

吹田が負けたため勝ち点で並ぶ。
次節、横浜から勝ち点が上げられるかがポイント。
千葉にがんばってもらって吹田の万博での胴上げは阻止してもらいたい。
[PR]
by kame-chu | 2005-11-24 14:38 | スポーツ(セレッソ大阪)
2000年、これに勝ったら初優勝。
で負けた相手が今日の相手のフロンタ。
そんな因縁が無けりゃ、好きなチームなんですが。
しっかり守って攻守の切り替えが早い。
セレッソが目指した形。

完成形に近いのはセレッソか。
フィニッシュの差で2-0
アキの縦パスを古橋が上手く受けて先取点
の大きなサイドチェンジをモリシが受けてゴール
ハーフタイムにアキがトラップを前に(相手ゴールに向いて)落とせ、とアドバイス。
それが実って得点に結びついた。
スポーツニュースなどもアキモリシ、セレッソを絶賛。
後期は負けてないモンね。
吹田と勝ち点1差。
尻尾を掴んだよ!
[PR]
by kame-chu | 2005-11-22 14:04 | スポーツ(セレッソ大阪)
出場停止やけが人でメンバーがガラリと変わった。
ヴェルディは降格(17位)位置の為ここ数試合は必死。
90分のうち85分はヴェルディの攻撃。
が、得点が入らない。
ボランチの布部選手が二枚目のイエローで退場に。
一人少ない中でもきっちり守るセレッソDF陣。
終了間際に黒部選手が倒されFKに。
古橋選手がこれを直接決めて1-0
セレッソは12試合負けなし。

吹田がレッズに勝ったので勝ち点差は4のまま。
[PR]
by kame-chu | 2005-11-14 13:44 | スポーツ(セレッソ大阪)

天皇杯4回戦

週末に天皇杯の試合がありました。
昨年はJFLのザスパ草津(現J2)に負けて、早々とシーズンオフ。
準優勝、ぽろっと負け、準優勝、ぽろっと負けの法則で行くと今年はいい成績のはず。

対戦相手はJFLのホンダFC
古橋選手が昨シーズンの途中まで在籍したチーム。
長居第2でのゲームでしたが、我が家は風邪ひき、けが人の為泣く泣く観戦を見送り。
GK伊藤選手が先発とわかり、風邪引きマミはほんとに泣きそう。
まあ楽勝!と思いきや。
古橋選手が直接FKを決めてホンダFCに恩返し。
が、DFとGKの間に絶妙のパスを通され同点。1-1

試合は延長でも決着がつかずとうとうPK戦。
となると、GK伊藤の見せ場。
昨シーズン同様の鋭い反応で相手のキックをはじく。
4-1で勝ち。

次の天皇杯、順当に行けばナビスコで吹田に勝って初タイトルのジェフ市原・千葉。
その次は順当に勝ち上がってくれば吹田と長居でダービー。

が、吹田はここのところ急激にチームが下降気味。
吹田の西野監督はナビスコ、Jリーグ、天皇杯の3冠を盗る!
とビッグマウスだったけど、なんか全部だめそう。
[PR]
by kame-chu | 2005-11-08 11:10 | スポーツ(セレッソ大阪)

8連勝ならず

鹿島アントラーズをホームに迎えての大一番。
セレッソが勝てば勝ち点で2位に並ぶ。
得失点差にひらきがあり、8-0で勝てば2位。
鹿島が勝てば吹田をかわして1位。
共に負けられない試合。

一進一退の攻防。
後半はアントラーズに退場者が出て行け行けに。
なったと思ったらアキが2枚目のカードで退場。
あとはノーガードの殴り合いのような内容。
ロスタイム最後のビッグプレーでファビーニョのシュートはわずか枠の外。

結局0-0の引き分け
でも27,000人の観客が納得のゲーム内容。

吹田が予定通り負けたので勝ち点54
鹿島が53
浦和・セレッソが50
千葉が49

吹田・浦和・千葉はそれぞれ直接対決が残っており勝ち星のつぶし合いになると思われる。
と、セレッソに充分可能性がある。
[PR]
by kame-chu | 2005-11-02 09:30 | スポーツ(セレッソ大阪)